母へのプレゼント

【母へのプレゼント】

15

「母の日のプレゼントにリクエストしました。

5才になった娘が、最近とても絵が上手に

なったので記念に残したいと思いました。

父の日、敬老の日にもお願いする予定です。」

 

とってもカワイイ絵ですね。

裏の文字もハートも。

お絵描き上手です!

これからもたくさんこまもり作ってね(笑)

 

こんな具合でお客様のこまもりを

1点ずつご紹介しています。

よろしければあなたもこまもりを作ってみませんか?

 

こまもりのお仕立て券

こまもりプレミアム

ボクが、じぃじを守ります。

【お見舞いこまもり】

9

9-1

じぃじが病気になってしまいました。

悲しいけれど、ぜったい治るんだ。治すんだ。

ボクに何ができるだろう?

早く元気になってほしい。

似顔絵とメッセージを描こう。

丁寧に丁寧に。

「じぃじを守ります」のメッセージとともに、

こまもりを贈ります。

きっと、この想い、伝わるはず。

 

特別な贈り物に。「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設ページ

還暦祝いにサプライズ2

【還暦こまもり】

6

6-1

昨日に引き続いて、還暦のお祝いこまもりです。

こちらの似顔絵、このサイズ感が、

こまもりとして一番きれいに刺繍できるんです。

約4cm四方のキャンバスに細かく刺繍しますので、

「似顔絵などのモチーフがひとつ」を描くのが、

こまもりを上手につくるコツなんです。

ご参考にしてみてくださいね。

 

こまもり史上最高の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

還暦祝いにサプライズ!

【還暦のお祝いこまもり】

2

2-1

お孫さんからばぁばへのサプライズプレゼント。

4人のお孫さんからおひとつずつこまもりを贈ります。

還暦祝いの旅行へ出かけたときに、手渡しするそうです。

おばあちゃん、びっくりするでしょうね。

このサプライズ企画のプロデューサーはママですね、きっと。

感謝のサイクルが三世代で共有できますね。

 

こまもり史上最高の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

本当のお守り

【マイこまもり】

2

2-1

こまもりのお仕立て券をお買い上げいただいた理由は、

「子どもの描いたかわいらしい絵を残したいから。

また、自分自身のお守りとして持っていたいから。」だそう。

とってもかわいい絵ですからね、

ご自身のお守りとして残しておきたいというお気持ち、分ります。

 

こまもり史上最高の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

絶対うまくいく!

【応援こまもり】

3

3-1

子どもの絵だけではなく、大人の方のご利用もいただいています。

こちらは、会社の後輩へのメッセージです。

手術をするために休職する後輩へ、

絶対うまくいくand治ることを願って贈るそうです。

本当に気持ちがこもっていますね。

力になると思いますし、うれしいはずです。

 

こまもりが少しでもお力になるのであれば、

私たちにとっても、これほどうれしいことはありません。

 

感謝の気持ちを伝える最高級の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

パパ、マラソンがんばってね!

【応援こまもり】

6

6-1

フルマラソンに初挑戦するパパを応援するために、

お子さま&ママからパパへ。

走っている間も、お子さまたちの気持ちを

そばで感じながら、完走を目指して欲しいとの

願いが込められています。

パパの「挑戦」を応援するご家族の温かさが伝わってきます。

 

感謝の気持ちを伝える最高級の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

シングルマザー

【感謝のこまもり】

3

3-1

シングルマザーで、仕事に子育てに忙しいママ。

そんなとき、お世話になるのは身近にいるじぃじとばぁば。

じぃじの優しさが表情に表れている、とてもいい絵ですね。

じぃじ、ばぁば、お子さま、そしてママ。

みんなの優しさと感謝の心が伝わってきます。

 

 

感謝の気持ちを伝える最高級の「こまもりプレミアム」出来ました。

「こまもりプレミアム」特設キャンペーンページ

4つのこまもり

【クリスマスこまもり】

5

6

7

8

8-1

3才の娘さんがママ、パパ、ばぁば、おばを描いてくれました。

少し前まではグルグルとしか描けなかったそうですが、

こんなに上手に描けたので、成長の記念に残したいと思ったそうです。

子どもの成長は早いもの。

そのときは忙しいけど、少し立ち止まってみると、

感動できるものがたくさんありますよね。

そんな一瞬を見逃さないようにしたいです。